日本語 English

ブログ - お知らせ

名古屋大学卓越大学院「未来エレクトロニクス創成加速DII協働大学院プログラム」は、起業家・開発者・研究者が一体となって社会課題の発見と解決に取り組む力が身につく、他にない大学院プログラムで、工学研究科の大学院生が参加できます。博士前期・後期の5年一貫のプログラムですが、興味はあるけれども参加に踏み切れなかった新M1の皆さんのため、1年間の体験履修をする機会を作りました。

1年間の体験履修を終えて、本格的にDII協働大学院プログラムに参加したい場合は、M2から正規の履修生として編入することができます。編入には、M1の間にDII協働大学院プログラムの関連・必修科目を履修し、語学力を身に着けること、来年2月に行う審査で合格することが必要です。

DII協働プログラムそのものについての説明と、編入に必要な履修科目、体験履修生の選抜方法などについては下記の説明会のページをご覧ください。



編入候補生募集対象者

  • 2021年4月に工学研究科博士前期課程の下記いずれかの専攻または関連専攻に入学したもの
      電子工学専攻/電気工学専攻/情報・通信工学専攻
      物質科学専攻/応用物理学専攻
      物質プロセス工学専攻/材料デザイン工学専攻/化学システム工学専攻
      機械システム工学専攻/航空宇宙工学専攻/マイクロ・ナノ機械理工学専攻
      エネルギー理工学専攻/総合エネルギー工学専攻
  • 2020年10月に工学研究科G30自動車工学プログラム(機械系・電気系)および G30 物理工学プログラムの博士前期課程に入学したもの

募集人数:10名程度

希望者が多数の場合は、定員の空き状況に応じて語学力、大学院入試を総合的に判断して選考します。

M1春学期の履修科目について

DII独自の教育プログラム (2科目とも必修、秋学期の体験継続条件)

  • 社会課題発見ワークショップ
  • アントレプレナーシップIa

※主に金曜日に開講されています。

総合工学科目/全学共通科目(3科目中2科目以上)

  • ベンチャービジネス特論I
  • 工学のセキュリティと倫理
  • プロフェッショナルリテラシー

申し込み方法・期限

興味のある人は,下記のフォーマットでDII事務室(dii_office@dii.engg.nagoya-u.ac.jp)までメールを送付してください.折り返し,参考資料と応募用のファイルをお送りします.

所属専攻:
所属研究室:
氏名:
電子メール:
研究室内線番号:

申し込みの際は,記入した応募ファイルを4月16日(金)17:00までにメールによりm2-ao-apply@dii.engg.nagoya-u.ac.jp宛てに送付してください。2日以内に受付確認の返信メールをお送りします。返信メールが届かなかった人は、DII事務室に連絡してください。


関連記事RELATED ARTICLE